すそわきが対策するなら治療も視野に入れよう|確実に悩みを解決

外科で治療するすそわきが

顔を伏せる人

治療法の種類

すそわきがは自分自身ではなかなか気づきにくい症状です。他人から臭いを指摘されてようやく自覚するケースも少なくありません。もし自分がその症状に当てはまるようなら、速やかに治療するようにするべきです。すそわきが対策にはデオドラント用品も有効ですが、より長期的な消臭効果を希望するなら医療機関のケアを選択するのが一番でしょう。医療機関ではボトックス注射での治療以外にも、手術でわきがの臭いの発生源を取り除く方法があります。さらに電気凝固法や超音波の他、ビューホットなど切らずにできる治療法も増えています。いずれもやり方こそ違いますが、デオドラント用品を使用するよりも効果が長く持続するのは同じです。もしデオドラント用品でのすそわきが対策に限界を感じるようであれば、こちらの治療法を選択するのも一つの方法でしょう。

効果の高さで選ぶ

デオドラント用品は扱いが手軽で安価で利用できるのが魅力です。ただしこの方法では根本的な治療ができないため、すそわきが対策としては不十分です。その点医療機関での治療なら、数カ月程度の短期から半永久的な効果が期待できます。多くの患者が根本的な症状の改善を望んでいることから考えても、効果が高い医療機関の治療は利用する価値があるといえるでしょう。また最近は、メスを使わずに長期的な治療効果が見込める治療法が次々と開発されています。これは、なるべく治療痕を残さずすそわきが対策したい患者にとっても、大きなメリットといえるでしょう。しかも切らずにできるすそわきがの治療は、通院期間が一回から数回程度ですむことがほとんどです。そんな風にあまり時間をかけずに短時間で治療できるのも、医療機関ですそわきが対策する魅力となっています。

すそわきが専用クリーム

ヒップ

すそわきがは、夏場になるとムレやすく臭いがきつくなります。臭いを抑えたいため、いろいろなデオドラントスプレーをする人もいます。それはあまり効果が得られない時もあるので、自分にあったものを探して対策をしていきましょう。

気になるニオイの対策方法

お尻

すそわきが対策として重要となるのが汗対策です。デリケートゾーン専用のウエットティッシュやデオドラント剤を常備して、こまめに汗を拭きとりケアしましょう。さらに“柿タンニン”が含まれる製品は高い消臭効果が期待されます。

自覚して改善を目指す

下を向く女性

すそわきが対策は症状の軽重によって変わってきますが、重度であれば手術をすることをおすすめします。最近はメスを使わない方法もありますし、切除する方も傷口が目立たなくなってきています。医師の技術の差もあるので、実績の豊富なクリニックを選ぶと良いでしょう。